うちな~(沖縄)だぞ!

沖縄のおと~です! 沖縄から様々な出来事等をおとどけ~!人生一度切り笑っていこうさ~!

MENU

沖縄の不発弾処理!恐ろしいですさ~!

 

 

 

ハイサイ!

今にも 爆発しそうやっさ〜!

 

「なぜって?」

 

うちな〜は暑すぎるやんば〜よ!(なのだよ)

もし わ~(俺)が太陽☀だったら ちょっとは 手加減するのに うちな〜(沖縄)の太陽はめーいっぱいのパワーだしてるさ〜!

 

てぃ〜だ(太陽)の下で仕事している わ~(俺)は 暑すぎて 爆発しそうなんだな〜!

 

でも 家族の為に

「がんばるぞ〜!」😁

 

 

 何年か前だったか 忘れたけど 面白い出来事があったば〜よ!(10年以上前なのは確か)

 

【不発弾!】あるさ〜ね〜!

 

沖縄では不発弾が発見されるば〜よ!(されるんだよ)

 

一般の人が見たらでーじ(とても)怖いとおもうさ〜!

わ~(俺)は その【不発弾!】を目の前で見たことがあるば〜よ!

 

f:id:okinawaok:20170730231453j:plain

その不発弾の話をちょっと書かせて〜な!

 

 

 

【不発弾!】はいつ爆発するか分からないから 「絶対に触るな!」

 

沖縄で建設業に関わっている人たちは 見た事がある方も多いと思うな〜!

 

家を建てる時には[基礎工事]というのがあって

いわゆる[土台]みたいな工事があるんだけど

そのときに ユンボー(ショベルカー)が土をほっていくんだな〜!

 

わ~(俺)が 糸満市で仕事をしている時にその事件がおこったば〜よ!

 

ショベルカーの運転手が穴を掘っていると

《ガガガッ!》

 

 運転手👤 「なんか あたったな〜?」

 

現場監督🗣️ 「じぁあ 周りからほってみたら?」

 

 ユンボ](ショベルカー)の運転手が周りからほっていくと なんとそこには

 

〈財宝〉が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら良かったのだが…

 

なんと

〈不発弾!〉らしき物体が!

 物の大きさや形は《ラグビーのボール🏈》ぐらいなのだが 明らかに〈不発弾!〉っぽい!

 

そこで いったん〈工事ストップ!〉になり監督さんが 警察に通報したんだな〜!

 

 

現場には わ~(俺)も含めて10人ぐらいいたのだが みんな

「で〜じなってる!」(たいへんだ)

「絶対不発弾だろ!」

 

など 皆んなしかんでるっ!(びびってる

 

 

 

市民を守る 警察官登場!

 

f:id:okinawaok:20171016064418j:plain

パトカー🚓到着!

警察に通報して 1〜2時間がたち 警察がやっときてくれたさ〜!

わった〜(俺達)現場にいた 皆は でーじ(とても)安心した感じだったさ〜!

 

 

警察 👮 「どこですか?不発弾らしきものとは?」

 

 現場監督🗣️ 「あの筒状のものなんですけど…」

 

警察👮 「本当だ!コレは[不発弾!]ぽいですね!」

警察👮 「爆発する可能性があるので 【絶対に触らないで】下さい!」

 

現場はこの一言でかなり〈ピラピリ〉した空気になったば〜よ!(なった)

 要はいつ爆発するか分からない!という事!

 

「どうやって とるのかな〜?」

「怖くないのかな〜?」

 

現場にいた人たちが心配そうに会話をしていると

警察官は…

 

警察👮 「ん〜……」

 

なんか考えているようさ〜!

 

 

俺🐷 (爆弾処理班とかよぶのかな〜?)

わ~(俺)はどうするのか 観察していた!

 

まだ何か 考えている様子の警察!

 

警察👮 (………)

 

 

……

 

……

 

……

 

……

 

……

 

たまらず監督さんがうごく!

 

現場監督🗣️ 「どうしましょうか!」

 

市民を守る 正義感のある警察がとうとう動いてくれた!

 

 

 

 

 

警察👮 「よし! あんたとってごらん!」

 

現場監督🗣️ 「はっ?」

 

警察👮 「だから! あんたとりなさい!」

 

現場監督🗣️ 「……」

 

周りの人👥 「……」

 

 

……

 

……

 

……

 

……

 

……

 

現場には沈黙が続いた!

 

 

《アホか〜》

 

 

と見ていたわ~(俺)が叫びたかったけど

流石に言える状況じゃない!

 

 [8時だよ全員集合〜!]

はもう 放送が終わったはず!

生でコントをみているみたいさ〜!

 

 その警察はマジのまじで言ってる様子で 周りの皆は本当にあふぁー(唖然)してる!

 

わ~(俺)はまだ10代後半か 20代前半ぐらいだったけど(ちゃんとした年代が覚えてない)

周りの人達は 40〜50ぐらいの大の大人たち!

 

その4〜50大のおっさん達が[唖然]してるから

相当な事件だったさ〜!

 

【市民を守る警察官】[市民から守られようとしてる警察感]になっていたやんば〜よ!(なのだよ)

 

 

 

 警察👮 「あんた 早く取らないと!]

 

警察も開き直ってるみたいで もうおかまいなし!

 

監督さんも泣く泣く

🗣️「わかりましたよ〜!」

 

不発弾を安全な平地の方まで[素手]で運んださ〜!

あの監督さんはで〜じ(とても)凄かったな〜!

 

 監督さんと違い あの警察官は……

 

どう云う心境で ああ言う事が言えるのか 不思議でたまらんさ〜!

 

 警察自体は嫌いじゃないのだが あの時の警察だけは 最低な奴だったな〜!

人間は 命に関わるとああゆう行動になる動物なのかな〜!

 

ちがうっ!絶対あの人だけが おかしかったやんば〜よ!

[国家権力]の間違った使い方が 垣間見えた事件だったさ〜!

 

以上!

人間の汚いところが見えてしまった沖縄のおと〜でした!

 

 

おまけ👌

 

最低な巡査だったな〜!

多分 あんな人はもう クビになってるんじゃないかな〜!

市民を守らないといけない [警察官]が皆んな ああゆう奴だったら 世の中おかしくなるさ〜ね〜!

 

よ〜し! 午後のしごともがんばるぞ〜!

 

みんなも不発弾には気をつけようぞ!😊

 

 

 

 

 

 

                      読者登録よろしくですさ~!👆清き一票をよろしくおねがいします!👆